BIOGRAPHY

Visit Facebook Page!!!


---Biography---
Kenichiro Kojima was born 1991 in Tokyo and has won a number of national and international competitions. These include the 3rd Prize at the Pianale Piano Academy 2012 and the 3rd prize at the Elise-Meyer Competition 2013. He was a semifinalist at the Sendai International Music Competition 2013 and the recipient of the Audience Prize.

2015 saw a personal crisis, when Kenichiro Kojima was diagnosed with focal dystonia and lost the function of his right hand. He

demonstrated not only exceptional musicianship, but this enormous challenge brought out his extraordinary resourcefulness and his determined, dedicated spirit. He worked on repertoire for the left hand alone, some of which he had artfully arranged himself. Despite a set-back which might have wholly disheartened most pianists, Kenichiro Kojima has remained active and competed with the repertoire for the left hand alone successfully in several competitions, earning him the 1st Prize at the ICoM Piano Award 2017 in Hamburg (Germany), the 3rd Prize at the Vigo International Piano Competition 2018 (Spain) , the 1st Prize with two special Prizes at the Livorno International Piano Competition 2019 and the First Great Award at the 4th Manhattan International Music Compeititon 2019, among others. He has performed as a guest artist at important festivals and concert venues throughout Europe and Japan, including the,,Hamburger Klang Werk‘‘ in Germany, International Music Festival „Puplinge Classique“ and ,,Les Renconters Musicales de Champery‘‘ in Switzerland, the ,,Laieszhalle (Musikhalle Hamburg) and the ,,Kampnagel’’ in Hamburg,the,,Gasteig‘‘inMunich,the,,Duke’sHall‘‘ of the Royal Academy of Music London ,the ,,Palaude la Musica‘‘ in Barcelona, the ,,Suntory Hall‘‘, ,,Opera City‘‘ in Tokyo and ,,Spring Green Music Festival 2019’’ in Kanazawa, among others.

 

He has appeared as a soloist with the Sendai Philharmonic Orchestra under Pascal Verrot, the Seto Philharmonic Orchestra under Kazuhumi Yamashita, the Tokyo International Association of Artists Orchestra under Yukio Kusakawa, the Ensemble Volumia Consort, the Orchestre des Jeunes de la Suisse Romande and the Orchestra Filharmonica Mihail Jara di Bacau under Ovidiu Bala.

 

Kenichiro Kojimas success at the 4th Manhattan International Music Competition in New York has earnt him management with Manhattan Concerts Artists and he consequently makes his debut at Carnegie Hall in July 2019. He will be making further important debut engagements the ,, Kaunas State Philharmonic Hall’‘ in Lithuania (March 2020) and in Milan (May 2020). In July 2019 he will give a solo recital at the International Music Festival Puplinge Classique, to be recorded and broadcast by the Radio Télévision Suisse (RTS).

Kenichiro Kojima recently has collaborated with the filmmaker Konrad Buschke and published an artist portrait, LEFT HAND.

Between 2014-2018 he undertook a postgraduate course with Eliso Virsaladze at the Scuola di Musica di Fiesole. Having graduated from Fiesole, he is now studying at the Hochschule für Musik und Theater Hamburg with Stepan Simonian.

 

 

Youtube-Channel 

https://www.youtube.com/channel/UCyIMEhjE1QXT-rGqNS3Absg

Website https://www.kenichiro-kojima.com

Facebook https://www.facebook.com/KENI9163/?ref=settings

Instagram https://www.instagram.com/kenichiro.kojima.klavierspiel/

Twitter https://twitter.com/kenichirokojima 

プロフィール

 

1991年東京生まれ。5歳でピアノを始める。茨城県立取手松陽高等学校音楽科を卒業後、 渡独。ハンブルク国立音楽演劇大学学士課程を経て、現在同大学修士課程で学ぶ。又、イタ リアのフィエーゾレ音楽学校にて研鑽を積んだ。これまでに数々の国内外のコンクールに優 勝・入賞を果たす。2012年ピアナーレ・ピアノアカデミー(フルダ/ドイツ)にて第3位、2 013年エリーゼ・マイヤーコンクール(ハンブルク/ドイツ)にて第3位、第5回仙台国際音楽 コンクールのセミファイナルにてパスカル・ヴェロ指揮、仙台フィルハーモニーとベートー ヴェンのピアノ協奏曲第1番を共演、聴衆賞を受賞。

 

2015年、右手の局所性ジストニア発症により右手の機能を失った際、音楽家としての危機 を 迎える。一時は病気の克服を目指すも、リハビリは困難を極めた。失意のどん底の中、 左手 のためのレパートリー開拓のための研究を始める。左手の為のレパートリーと共にその後も コンクールに挑戦する。いずれのコンクールでも他の全参加が普通に両手で演奏する中、た だ一人で左手での演奏を行い、2017年に行われたICoM Piano Award(ハンブルク/ドイツ)に て第1位、2018年、ビーゴ国際ピアノコンクール(ビーゴ/スペイン)にて100人を越える コンテスタントから本選へ最後の6人の1人として選出され第3位、リヴォルノ国際ピアノコ ンクールでは全44人の参加者中、第1位・2つの特別賞を受賞、そしてマンハッタン国際 音楽コンクールではグランプリと併せてManhattan Artistsによるマネージメント賞を受賞、 カーネギーホールで行われる受賞者コンサートに招聘された。

 

ソリストとして日本、そしてドイツを中心とするヨーロッパの国々で演奏活動を行う。特に ハンブルクでは数々の国際的規模の芸術文化プロジェクトや音楽祭に参加、現代音楽の分野 にも積極的に取り組んでおり、2012年10月に行われたハンブルク現代音楽祭では若い 作曲家の作品を精力的に紹介することを目的に結成された室内楽団Ensemble Volumina Consortのピアニストとして出演する。2014年8月にスイスのジュネーブで行われたPuplinge Classique Festivalとシャンペリーで行われた音楽祭ではソロ・リサイタル及びスイ ス・ロマンド・ユースオーケストラとの共演でバッハの鍵盤協奏曲第一番を演奏、好評を博 す。近年は指揮活動にも取り組み、2018年9月にハンブルクで行われたメンデルスゾー ン国際音楽祭にてハンブルク交響楽団を指揮した。また、2019年2月にダリウス・ミヨー のオペラ『解放されたテセウス』を自らピアノを弾きながら指揮を執り好評を博す。4/30から5/3までの間に『いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭』において計4回の出演した。7月はカーネギーホールでのデビュー、そしてthe Puplinge International Music Festival (ジュ ネーブ/スイス)に招かれておりソロ・リサイタルを開催、これはスイスのRadio Télévision Suisse (RTS)によってライヴ収録される。2020年はイタリアのミラノ、リトアニアのビルニュ スとカウナスでのデビューが決まっている。

 

映像作品としてショート・ドキュメンタリー 「LEFT HAND」発表した。

 

ピアノをこれまでに井上あとむ、三輪万里、エリソ・ヴィルサラーゼ、ステパン・シモニア ン、室内楽をニコラス・シュミットの各氏に師事。ブラームス財団奨学生を経て、現在ユー ディ・メニューイン・ライヴ・ミュージック・ナウ及び、ドイツ連邦奨学制度の奨学生。